今月ののおすすめ商品


初心者のためのパークゴルフの基礎知識記事一覧

スコアは、自分が打った回数を覚えて記録していくだけなので、そこまで難しい事はありません。ただ、それに加わるのがペナルティです。パークゴルフにもゴルフ同様にペナルティが設けられており、それを犯した場合は、1打ないし2打が加算されてしまいます。つまり、ペナルティーの種類を覚えておくことが必須です。とはいえ、ペナルティーの種類もそこそこ多いため、代表的なものを羅列いたします。【1打加算されるペナルティ】...

パークゴルフをする際には用具が必要ですが用意するのはクラブ、ボール、ティーの3種類だけです。ゴルフと比べるとルールなどが大幅に簡略化されているので、用具を多く揃える必要はありません。まず、ボールを打つ際に使うクラブですが、クラブヘッドが木製で600g以下、ボールが当たる打球面には傾斜角度を付けないなどのルールがあります。ゴルフではパターを除き豪快にボールを飛ばしていかないとスコアに繋がりませんが、...

パークゴルフの遊び方はゴルフと似通っており、ボールをクラブによるストロークでカップまで運んで打数を競うゲームです。3人か4人で回るのが望ましいと定義されているので、1人か2人の場合は他の人と一緒になって3人か4人にしてください。ティーショットの順番は最初のホールのみ決まっていないので、じゃんけんなどで選ぶ必要があります。2ホール目以降は、前のホールでの成績がよかった順番にティーショットを打つという...

多くのゴルフ場にはドレスコードがあり、普段着で利用できないのはよく知られています。一方、パークゴルフでは服装に関して明確な規定は設けられていないので、自由な格好で楽しめるのが魅力です。日本パークゴルフ協会では格好について、若いと感じられるような服装で思いっきり楽しむのがよいという趣旨の言葉を発表しています。ショートパンツやキュロットスカート、カジュアルパンツなどがよいのではないかと提案されているの...

ゴルフで達成感を得られる場面は何か、こう尋ねられた場合の答えは人によって違いますが、多くのゴルファーが目標としているのはホールインワンです。1打目でいきなりボールをカップに入れる、これはゴルファーにとって名誉なことと言っても過言ではありません。通常のゴルフ場の18ホールの構成は、多くの場合はパー3のショートホールとパー5のロングホールが4つ、残りがパー4となります。パー4のホールで1打でカップに入...

「パークゴルフとはどんなスポーツ?」と疑問を持っている人も多いでしょう。まずパークゴルフの元となったのはグラウンド・ゴルフなのですが、これはゴルフとゲートボールの要素を持っているスポーツです。ゴルフのようにボールを目的のところまで運ぶのは一緒ですが、自分のボールを他のプレーヤーのボールに当てるタッチプレー、そこから派生するスパーク打撃などの要素があります。タッチ、スパーク打撃はゲートボールで用いら...

コミュニケーションを重視しているからマナーが重要パークゴルフはスコアを競うスポーツとしての側面、そして同じ組で回る人とのコミュニケーションツールとしての面もあります。どちらに重点を置くかは人それぞれですが、日本パークゴルフ協会の公式ホームページではコミュニケーション志向を大事にしているという言葉が記載されているのです。楽しんで回れるようにする為に欠かせないのがエチケット、マナーであり、まずは何をや...

パークゴルフをする為にコースに出るなら、色々と準備が必要です。絶対に必要なのはクラブやボール、ティーといったゲームを進める為に欠かせないアイテムですね。もっとも、多くのコースがクラブ、ボールのレンタルに対応していますから、初めての場合は道具を用意せずにレンタルで試してみるというのも有りです。クラブは重さが600g以下、長さは86cm以下、ヘッドは木質などの様々な規定が定められています。市販されてい...

パークゴルフではカップに沈めるまでの打数を競うのですが、プレーの種類はいくつかあります。テレビ中継されているゴルフのプロトーナメントは、基本的にストロークプレイなのでこれが最も一般的です。パークゴルフでも一番使われるのはストロークプレイであり、これは18ホールのスコアの合計で競うものですね。ゴルフと同じく打数は少ない方がよいので、最も少ない打数で18ホールを回った人が勝者です。ゴルフではハンデキャ...

通常、ゴルフはスパイクシューズを履きますが、パークゴルフでは芝を傷めるかも知れない金属スパイクシューズは禁止されていますが、それ以外は厳密なルールはありません。しかし、パークゴルフは、他の類似スポーツ、グランドゴルフ、バードゴルフなどに比べて歩く距離が長いので出来れば専用のシューズをおすすめします。芝生の上でのスポーツですので通常のアスファルトの上を歩くウォーキングシューズより凸凹が有り、グリップ...

色々なインターネットのウエアのをみても、ゴルフウエアは沢山掲載されていますが、パークゴルフの専門のサイトを見ると、メーカー品の帽子、ウインドブレーカーなどのどちらかというと地味なファッションしか見つける事が出来ません。逆に、ゴルフでしたら男女ともにゴルフウエアの専門店がありますし、インターネットでも多くのカッコ通いウエアが販売されています。折角、気持ち世良いパークゴルフ場にいって、プレーするわけで...