今月ののおすすめ商品

3種類のクラブの握り方

 

パークゴルフでスコアを伸ばす為に重要なのは、打ち方です。ゴルフと比べると距離が圧倒的に短いので力がない人でも好スコアが期待できる一方で、正確性が求められます。

 

思い通りのところに飛ばす技術が必要であり、それに関わってくるのがグリップの握り方です。

 

ゴルフでは主に3種類の握り方が用いられており、それがオーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、テンフィンガーグリップの3種類ですね。

 

 

パークゴルフで使われるグリップの握りは、ゴルフで用いられている3種類と全く同じ名前で、握り方の相違点も殆どありません。いずれの握り方も最初は全く同じで、左手の親指をグリップに当てて、残る4本の指で握ります。

 

親指は添えるだけで力を入れず、4本の指のいずれかの付け根にグリップが当たるようにするのが基本です。右手は左手の右側から被せるようにし、小指と薬指と中指の付け根にグリップが当たるように握って、最後に人差し指と親指を添えます。これが基本の形であり、ここから右手の小指をどうするかで前述の3種類の握り方に分かれていくのです。

 

まず、3種類の中で最もオーソドックスなオーバーラッピンググリップですが、左手の中指と人差し指の間にもう片方の右手の小指を乗せる方法で、両手でクラブを包み込むような感覚で握ります。3種類の中で、最も右手の感覚を感じながら打てるという点が多くの人に支持されている理由です

 

初心者のパークゴルフ技術編

 

インターロッキンググリップですが、オーバーラッピンググリップと形は殆ど変わりません。まず基本の形を作って、そこから左手の人差し指と中指の間に右手の小指を持っていくのですが、オーバーラッピンググリップと違ってしっかりと指を絡めます。右手の影響を受けにくく、方向性の面で優れた効果を発揮する握り方であり、固定されるのでグリップが崩れにくいのも特徴です。

 

 

テンフィンガーグリップですが、先の2つとは異なり左手と右手を交差させない握り方ですね。
初心者のパークゴルフ技術編

 

 

基本の形を作り左手の上に右手を持っていく握り方で、野球のバットの握り方と同じなのでベースボールグリップとも呼ばれます。計10本の指を全て使えるので力がない人でもしっかりとしたスイングが可能であり、女性やお年寄り向きの握り方です。3つの握り方は、形の上ではそれほど違いはありませんが力の入れやすさなどは大きく違いますので、全て試した上で合っているものを選ぶとよいでしょう。

 

初心者のパークゴルフ技術編

 

構え方の基本

 

次に構え方ですが足を肩幅程度にまで広げて、左足とボールを結んだ線と両足を結ぶ線が直角になるような位置に立ちます。

 

ゴルフではボールの位置は左足よりやや右足側なのですが、パークゴルフでは左足のラインに合わせるのがポイントです。基本的に打球が曲がることは考慮せずに、ボールを飛ばしたい方向に体を合わせてください。

 

そしてトップの位置にまでクラブを振り上げて、目をボールから逸らさないようにして打ち下ろします。ボールに当たっでもスイングを止めることなく、しっかりとフォロースルーすることが重要です。

 

 

重要なパッティング

 

そしてスコアを伸ばす上で重要なグリーンでのパッティングですが、傾斜があるかどうかで打ち方も変わってきます。

 

傾斜が殆ど、或いは全くない場合は通常の構えより気持ち足の開きを狭くして、クラブの打球面は打つ方向と垂直にしてください。

 

グリーンに傾斜がある場合も基本は変わりませんが、下りの場合は重心を前足に、上りの場合は重心を後ろ足に持っていきます。

 

パッティングではカップまでの距離によってスイングの幅を変える必要があり、この辺りの感覚は経験で身に付けるしかありません。ここで説明したのは全て右利きの人向けなので、左利きの人は左右を逆にしてください。


初心者のパークゴルフ技術編記事一覧

パークゴルフの初心者が参考になる動画を集めました。 Youtubeには多くの動画が載っていますが、どちらかというと初心者向けの動画が少なく中級以上の動画、自慢の動画など多くの動画が掲載されています。ここでは、パークゴルフを始めたばかりの人達に参考になりそうな動画を2つご紹介します。パークゴルフの動画は調べてみると、録画を前提に取った物が殆ど無く、 講習会を行きがかり上、スマホや小さなデジカメで撮っ...