今月ののおすすめ商品

ゴルフとパークゴルフの技術的な違いとは?

パークゴルフシューズ

 

 

 

パークゴルフとゴルフの技術的な違いとはどの辺りでしょうか?

 

パークゴルフはグラウンドゴルフと同様に、芝生の上でボールを打ち、カップインするまでの打数を競う北海道で生まれたスポーツです。

 

では、パークゴルフとゴルフではルール・技術的な違いはどこにあるのでしょうか?

 

ol>

  • パークゴルフではゴルフのように基本的に球を打ち上げることはしません。
  • パークゴルフはクラブ1本でプレーします。
  • クラブは重さ600g以下、 長さ86以下 クラブのヘッドは木材。
  • コースは長さ100M以下、9ホールで合計打数33打。
  • プレー方法は「クロスプレー」 「マッチプレー」 の2種類で行われる。
  • 空振りは1だとしてカウントされない。
  • <

     

    パークゴルフシューズ

     

    パークゴルフの打ち方のバリエーションとは?

     

    パークゴルフは通常の転がす打ち方だけでも十分楽しめるスポーツですが、色々な打法を覚えるともっと楽しくなります。打ち上げる打法は教室によって色々な呼び方がありますが、似たような技術が多いと思います。

     

    パークゴルフクラブのクラブフェースは角度が付いていないので、基本はボールを転がすのですが、バンカーとかから出す場合は打ち上げる場面もあるので、全てのショットを垂直なクラブで対応する技術が必要となります。

     

    すくい打ち: 芝生の状態が良くないラフから出す場合、ボールを上に上げて打つ技術です。

     

    カット打ち:ラフから出すと木に打つ打ち方で、ボールを少し打ち上げます。ボールを斜目受けから地面にたたきつけるような感じで打ちます。

     

     

    ブショット:グラブフェースを開いて角度を付け斜めにスイングして空中に打ち上げます。

     

    クラブが一本なのでゴルフとは打ち方などは変わります。

     

    ゴルフのパターと似ている技術もあるので、自宅で練習ができるマットで練習をするのも良いと思います。

     

     

     

     

    また、パークゴルフ入門書も出ていますので、一冊くらい手に入れるのも良いと思います。

     

    パークゴルフシューズ